友人から「きびだんご」のお土産をいただきました。

f:id:hahalife0:20160801045139p:plain

f:id:hahalife0:20160801045153p:plain

f:id:hahalife0:20160801045215p:plain

f:id:hahalife0:20160801045246p:plain

聞き捨てならねぇな。

 

 

 

ハハ、強すぎない?

 

 

いや、それより……

 

ハハは鬼ポジションなの?

 

 

 

 

1つ食べるごとに、ちゃんと強くなっているか、ハハで試し射ちする息子たち。

大げさにやられていたらすっかり信じてしまって、

 

f:id:hahalife0:20160801051425p:plain

 

効力が落ちるのを気にして、晩ごはんをなかなか食べてくれませんでした。

 

 

今日のオススメ絵本

かっこわるいよ! だいふくくん

本当に「かっこ悪い」のはなんだろう?

和菓子屋さんの奥で、綺麗な和菓子たちがだいふくくんをからかっていました。ただただ自慢がしたいから、自分たちの形や色と比較して、とてもやさしいだいふくくんをおもしろおかしくからかいました。でも、一言も言い返さないだいふくくん。そこに、和菓子の大敵、ネズミが襲いかかってきました。みんなを守るために勇気を振り絞って闘うだいふくくん。だいふくくんのこれまで見ていなかった一面を見て、感心する和菓子達。ところが、だいふくくんは最後にはお腹をすかせたネズミを幸せにしてあげるために食べられることを選びます。もう二度と仲直りできません。和菓子たちのだいふくくんに対する行動はイジメを連想させるし、だいふくくんが食べられてしまう結末は子どもにはショックかもしれません。だけど、イジメってこういうものじゃないかと思うんです。息子達も、自慢話や相手より優位に立とうとする話し方をすることが多々あります。そんな時、心の中でだいふくくんを思い出してくれたらいいなあと思いました。4歳頃から、小学生にもオススメです。








おすすめ記事