昨日の続きです。

▼まだ読んでない方はこちらからお読みください♪

 

f:id:hahalife0:20160708102223p:plain

f:id:hahalife0:20160708102253p:plain

f:id:hahalife0:20160708102319p:plain

f:id:hahalife0:20160708102335p:plain

 

今日で、このブログを始めて半年になりました!!

いつも読んでくださってる方、初めましての方、読んでくださって本当にありがとうございます!!

 

このブログは、子育てでいっぱいいっぱいになっている私に、今年のお正月、旦那くんがパソコンとペンタブを買ってくれたことから始まりました。

▼詳しくは、ブログを始めて3ヶ月の時に書かせていただきました☆

決して、〝いつも なんでも買い与えてくれる旦那〟ではないんです。

ぶっちゃけ、あまりに見かねて だったんだと思います。イメトモの怒鳴り声、子どもたちの泣き声、あの頃の家の中は今とは全然違う空気でした。旦那くんも辛かったんでしょうね。

旦那くんはよく、「たまには休んで、自分のやりたいことをやったらいいよ」と、言ってくれてました。

でも、「できるわけないじゃん!!」と、逆切れしていた私。

自分が犠牲になるのは仕方ない。と思っていました。でも、心の底にある、なんでならなきゃいけないの。という気持ちが日々のイライラを作っていたんだなぁと、今は思います。

 

ダイちゃんの一言をきいた時、

なんていうか、私は「お母さん」でなくちゃダメだ!って思い込んでたなぁと思ったんです。(もちろん、漫画家だなんて思ってません!)

 

好きなことを見つけることにも、自分の趣味に時間やお金を使うことにも罪悪感があって、何かに心がトキメキそうになっても、必死でそれに気づかないふりをしようとしてしまう。そして、その度に心のどこかに寂しさが置いていかれていく日々でした。

 

 

自分が夢中になれることを見つけたら、子育てにもっと夢中になれました。

自分が好きなことをやったら、息子たちにはもっといろいろなことをやらせてあげたくなりました。

 

 

それに、思い出せた。

私は小さい頃からずっと《お母さんになること》に憧れてたんだった。

その夢も、息子たちにもうすっかり叶えてもらってるんじゃないか。

 

「息子たちがいると何もできない」わけじゃなかった。

「息子たちのおかげで」できたことの方が本当はずっと多かった。

そんなことに、イメトモはブログを書くことで気付かせてもらいました。

 

 

もし、今、子育てが辛いなって思っているママがいたら

心に寂しさがたまってきてるかもしれません。

ブログのおかげで、お疲れ様です!とあたたかいコメントをいただけて、イメトモはいつも元気をもらっています 。ありがとうございます。

でも、自分の経験から、息子たちより小さい年齢のお子さんをお持ちのママは、もっとずっと大変な思いをされてるんじゃないかなぁと思います。

他のママはやってるのにどうして自分だけうまくできないのかな、もっとちゃんとやらなきゃ!と今日も自分を奮い立たせてるんじゃないかな。

 

公園じゃなくて、ショッピングモールに行ったって全然いいよ!!

気に入ったなら、授乳しにくいお洋服でもいいよ!!買っちゃえ!!今はバーゲン!!

絵本じゃなくて、たまにはママの好きな漫画を買って楽しんだっていいよ!!

〝もったいない〟なら、子どもの残したものだけじゃなくて、自分の本当に食べたいものもどっちも食べればいいんだよ!!(これができるのは大食いの私だけ⁉︎)

 

 

赤ちゃんを笑顔にした回数よりたくさん、ママが笑顔でいてくださいね(*^_^*)

 

 

すべての影の立役者・旦那くんへの感謝気持ちも綴ろうかと思ったけど、長くなっちゃったからまた今度でいっか☆( ̄▽ ̄)笑

 

最後になりましたが、半年続けてこられたのも、読んでくださる皆さんのおかげです。ありがとうございます!

PTA行事が忙しくなってきて、毎日更新が難しくなってきたのですが、ちょこちょこ休憩しながら、次は1年続けられるように頑張ります!

これからも、よろしくお願いします!!

 

 

今日のオススメ絵本

えんにち

今の季節にピッタリ!!

「これから ふたりは、えんにちに でかけます。」本文はたったこれだけ。待ち遠しくて、早く着きすぎちゃった兄妹。綿菓子やさんが屋台を組み立てます。金魚屋さんが金魚を用意しています。あたりも少しずつ暗くなってきて、人も増えてきました。人だかりができているここはなんの屋台だろう?昭和レトロな風景がただただ続く絵本です。読んでいると、小銭入れを首から下げて、お祭りに行った風景を思い出します。「次にお祭りに行ったらこれ食べたい!」「どのお面がいい?」と、文字はなくても大盛り上がりでした!0歳から大人まで楽しめます。








おすすめ記事