今日はお知らせで失礼します!

学研の「りんごちゃんのおけいこラボ」さんで
『ぴかっと1年生 ショウちゃんがゆく!』19話目が公開されています。


ショウちゃんの“今年の目標”がとんでもなかった……。

19−1
つづきは こちら




今日のおすすめ絵本

『おばあちゃんがこどもだったころ』

昭和の時代を絵本で。
1960〜1975年頃の東京の下町に住むある家族の暮らしを表した絵本です。今とは違う街並み、習慣、アイテムが絵と短い文で表現されていて、小学1年生で習う漢字とひらがなだけなので、小学生なら一人で読めます。でも、「間借り」や「高度経済成長」など難しい言葉がひらがなで、おそらくあえて紛れ込ませてあって、一緒に読んでいると自然とこどもが言葉の意味を質問してきます。そこから会話が広がる絵本です。おじいちゃんおばあちゃんに当時のことを話してもらいながら、またはパパママが、自分の両親に聞いたことを「〜だったんだって!」と思い出しながら昭和の暮らしを伝えて見てはいかがでしょうか。







おすすめ記事