朝、寝室からのショウちゃん(5)の泣き声が響きました。

20180516しびれ1
20180516しびれ2
20180516しびれ3
20180516しびれ4
その状況でチューペットの心配したの!?





寝起きに大泣きするなんて、赤ちゃんの頃以来だったので驚いて飛んで行きました。
右腕が、頭かひょっとすると体の下敷きになっていたようで、しびれて感覚がない様子でした。

初めての体験だからそりゃびっくりするよねー……と思ったら
チューペットが食べられないなんて言い出すんです。


思わず

「いやいやいやいやいやいやいやいや!!
 チューペットよりもさあ!
 右手が本当に動かなくなったらもっと困ることたくさんあるでしょうよ!」


と言ったら

「片方の手でできることは左手でやればいいんだよ」

と。

な、なんか男前!!!!!!




私だったら、利き手が動かないって思ったらもっと絶望しちゃうけど
ショウちゃんにとって
まだまだ「利き手」はただの「片方の手」で
どちらかの「片方の手」さえあれば
「両手を一度に使うこと 以外ならできる」というなかなかポジティブな認識なんだなーという発見でした。

今日のおすすめ絵本

『からだのなかにはなにがある?』

知らないってワクワク!
牛乳瓶の中には牛乳が。貯金箱の中にはお金が詰まってる。じゃあ、私たちのからだの中は?まだ知らないことだらけの子どもはこんな風に想像するのかもしれません。正確なことを知ることも大切だけど「ちがうちがう!」「そんなわけないじゃん!」と言わずに、想像が膨らんでいく感覚を味わうのってこんなに楽しい。親子で読みたい絵本です。2歳くらいからおすすめです。






おすすめ記事