昨日のおすすめ絵本で紹介した
名前や誕生日などを入れられる、カスタム絵本『魔法の数字』。
気に留めてくださった方がいらしたので、せっかく家にあるのでもう少し詳しくご紹介します。
(記事途中に2コマ漫画あります)

昨日の記事▶︎「算数のテスト」で珍回答

home_book
※画像を押すとHPに飛びます

まずは試してみて!プレビューで全ページ見られます!


昨日はamazonで紹介しましたが、公式ホームページにいくと
名前とキャラ(男の子/女の子)と日付を設定したあと、すべてのページのプレビューが見られます。
プレゼントするものだから、全ページ見られるのは嬉しいし安心です。

この絵本の素晴らしいところは、出来上がっているストーリーに文字や数字を入れ込むだけじゃなく、誕生日によってストーリーの流れが変わるところ。

オープニングとエンディングは同じですが、1つの数字に多数のストーリーが用意されているようで、2010年と2012年生まれの兄弟でも異なった展開でした。

ふと、2011年11月11日生まれだとどうなるんだろうと好奇心が止められずにプレビューを試してみたら、数字をまとめるわけでなく、きちんと6つの“1”のお話が出てきましたよ!!さすが!!(遊んでごめんなさい)

ストーリーの内容は“友情”・“優しさ”など、大切にして欲しいことをベースに
4は四大元素(風・火・水・土)
7は音階
8は八方位

など、知識として持たせたいお話が登場したりします。

全部読むのに10分くらいかかるほど文字のボリュームがあるので、小さい頃だけでなく、長い期間読み返せそうです。

魔法の数字レビュー3

魔法の数字レビュー4
誕生日の方をストーリーに合わせていくスタイル。

特別なプレゼントになる!

カバーはソフトカバーとハードカバーがあります。
ソフトカバーは映画のパンフレットのような感じです。
ダイちゃんは軽くて、ページをめくりやすいので気に入っていましたが
イメトモ的にはプレゼントするならハードカバーがおすすめ!
中はどちらもつるつるした発色のいい丈夫な紙です。
大きさは閉じた状態で横向きのA4サイズです。

魔法の数字レビュー1

ハードタイプには見返り紙が入るので、最初と最後のページだけ少し違いがありました。

魔法の数字レビュー2

名前は漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベットも大丈夫でした!

ちょっと気になった点は、本文の人称は「〇〇くん/〇〇ちゃん」と登録した名前が入るのですが、ところどころ「少年/少女」になっています。
元が外国語の本なので、代名詞に当たる部分がそうなるようです。イメトモ的にはそこがちょっと残念だったけど、逆におかしな日本語とかは全くなくて安心しました!!

息子たちもイメトモも一番気に入っているページは最後のこのページ。

_UX300_TTW_
画像:amazon

これまでのストーリーをまとめてくれているこのページは、まるで親が名前に込めた思いのように、誕生日が自分だけの大切なものに感じられるんじゃないかな。
特別感を感じられるオリジナル絵本はプレゼントにおすすめです!!

気になってくださった方は、ぜひプレビュー試してみてください(*^_^*)
無料で何度でも試せます♪♪


ではでは、長い記事にお付き合いいただいてありがとうございました♪











おすすめ記事