『子どもの能力遺伝子検査』ってご存知ですか?

イメトモは、テレビで明石家さんまさんと木村拓哉さんが体験している番組を見たことをきっかけに、とても興味を持って実はいろいろ調べたことがあるのですが、どうやら遺伝子検査をできる機関は1つではなく、かかる費用も様々です。

子供の遺伝子を知ることによって、子どもの未来が大きく変わるかもしれない!
でも……もし調べた結果がいいものじゃなかったらどうしよう。これからの子育てを前向きにやっていけるかな。という考えが頭をよぎって、なかなか踏み込めずに そのままうやむやになっていました。

すると今回、『DNA FACTOR』さんの『子ども能力遺伝子検査キット』のモニターのお話をいただきました。
子どもの成長と素質に関する3大要素(学習能力・身体能力・感性)を遺伝子レベルで検査・解析してもらえるものです。
この検査はまさに、さんまさんと木村拓哉さんが受けたものと全く同じ!!

ちなみに、これがその動画です。


この記事は、子どもの能力遺伝子検査って興味はあるけど実際どんなものなの?という方へのレポートです。

遺伝子検査のやり方


検査は
頬の内側を綿棒で20回ほど擦って郵送するだけ。
ほんとうにこれだけです。

インターネットで遺伝子検査を申し込むと、このようなキットが郵送されてきます。
DNA01

痛みやめんどくさいアンケートなどは一切ありません。
申込書を1枚書くだけ。
それをポストに入れるだけ。

ただ、検査には少し時間がかかります。
現在は、およそ2ヶ月で結果を受け取れるそうです。
イメトモもちょうど2ヶ月後に結果が届きました。
その間に、「検体到着」「解析進行状態」「解析終了」「報告書発送」の報告メールが届きました。

検査を受けたのはこの方!!


DNA1
親の私でも何を考えているのかよくわからない 次男・ショウちゃん!!

兄(ダイちゃん)と歳が近いので、生まれた時から遊びも習い事も、ダイちゃんが興味があるものに付き合わされることが多いショウちゃん。
それが申し訳なくもあり、不安でもあります。
彼自身も兄と同じ事を体験することが当たり前になって、今のところ特に不満はなさそうですが、ショウちゃんの可能性を見逃してしまっているかもしれません。

ドキドキして待つこと2ヶ月。
結果は、郵便局より受け取りサインが必要なかたちで、このような冊子が送られてきました。

DNAo2

検査を受けるにはめんどくさい作業やどこかに赴く必要は一切ないので、0歳から可能です。
実際、0歳から5歳で受けられる方が1番多いのだとか。

我が子の個性や能力を早く知ることによって、可能性を広げる環境を作ってあげやすくなりますよね。

はてさて、ショウちゃんの遺伝子検査の結果はいかに?

届いた結果はこちら!!







おすすめ記事