年中の次男の親子遠足がありました。
マリオ1
マリオ2
マリオ3
マリオ4
〝ちゃんと〟ってなんだ。〝ちゃんと〟って。



別にそこは目指してないのに……そっくりて。


今日のオススメ絵本

『ぼくのえんそく』

熱が出て遠足へ行けない〝ぼく〟の不思議で楽しい遠足。
熱が出て遠足に行きたかったのに行けない〝ぼく〟の「気持ち」が、遠足の日に嫌われる〝雨雲〟と一緒にみんなについていくというお話。この絵本を読んだ時、思い出したことがあります。
小さい頃、体が弱かった長男は、初めての遠足も運動会参加できませんでした。親としては行事という特別な日に友達と同じ思い出が作れない我が子がかわいそうでかわいそうで、とても落ち込みました。そんな私にこんな声をかけてくれた人がいました。

「子どもにとって、学校行事だけが特別じゃない。〝みんなが遠足に行っている間にお母さんとお家でべったり過ごした日〟もすごく特別でスペシャル。忘れられなかったりするよ」

行事にはちょっと無理をしてでも行かせてやりたい!参加させてやりたい!と思ったり、それも叶わずお休みすることになって「もっと私が気をつけておいてあげれば」と落ち込んだことのあるパパ・ママって少なくないと思います。
でも、子どもは意外と明るく乗り越える方法を知っているのかもしれません。この絵本はそんな子どもの頼もしさも感じて勇気付けられました。3歳ごろから小学校低学年までオススメです。






おすすめ記事